4月度例会~ALL FOR ONE~開催!

4月6日に私たち彦根青年会議所は 4月度例会~ALL FOR ONE~を開催しました。

本例会は「近畿地区大会実行特別委員会」が主導のもと、近畿地区大会彦根大会に向けて、彦根青年会議所メンバーの参画意識を高めることを目的とし、委員長の山田雅崇君を始めとする委員会メンバーで考えられた例会です!

まずは山田委員長から本例会の趣旨説明が行われます。

「近畿地区大会彦根大会の開催が間近に近づく中、大会を成功に導くためには、メンバーが一致団結し、大会に取り組む必要がある!」 と語る山田委員長。

近畿地区大会実行特別委員長としての熱意がひしひしと伝わります。

そして委員会プレゼンテーション。

委員会で纏められた近畿地区大会彦根大会の詳細情報を、山田委員長自らが説明のもと進められます。

式典からの順を追った説明に、改めて大会の流れを理解するメンバー。

本例会までに幾度と行われてきた合同委員会内での進捗状況も合わせて報告されます。

近畿地区大会 彦根大会が開催されるにあたり、主管LOMである彦根青年会議所の役割は非常に重要です。

当然のことながら大会の設営は一朝一夕で為せるものではなく、綿密な段取りはもとより、青年会議所会員である私たちは本大会に〝想い〟を込める必要があります。

〝ひこね〟だからできることを…、彦根青年会議所だからできることを…

本例会を迎えるまでに、幾度となくメンバーが集い、時間をかけ、今日まで議論を重ねてきました。

委員会プレゼンテーションが終わり、次は大会のセクションごとに分かれた役割別グループミーティングです。

ここでは与えられた役割ごとにグループを形成し、改めて自分たちの為すべき事、課題を洗い出します。

課題は多く、話し合いは自然と熱を帯びます。

 

そしてグループミーティング後には、メンバー一人ひとりが自身の役割と大会への決意を発表!

近畿地区大会彦根大会は非常に規模の大きい大会です。

一人ひとりの役割は細分化されますが、それぞれの責任は重大です。

自信の役割とそれに対する課題、そして大会への決意を熱く語るメンバーたち。

自分が為すべきことは何か。

大会に向けクリアしていく課題は何か。

一人ひとり役割は違えど、メンバーから語られる決意には共通する目的があります。

それは〝近畿地区大会 彦根大会を絶対に成功させる〟という強い想い…。

皆が1つの目的のために! 〝ALL FOR ONE〟

まだまだ大会が形になるには課題も多く、新型コロナウイルスの影響下では全ての決定に不安材料が残るのは確かです。

しかし、私たちは地域の責任世代が相集う彦根青年会議所。

どんな状況になろうとも、後ろ向きな行動は選択肢にありません。

北村忠征理事長を筆頭に、前進あるのみ!!!

彦根大会を必ず形にし、大会に関わる全ての青年会議所関係者、そして市民の方々にとって、何か次に繋がるような大会とするために、私たちは大会当日まで全力疾走で駆け抜けます!

メンバー一人ひとりの当事者意識が高まった本例会はまさに大成功!

設営されました山田委員長、近畿地区大会実行特別委員会メンバーの皆さま、本当におつかれさまでした!

公益社団法人彦根青年会議所

2021年度スローガン

一心一意! 夢、希望溢れるひこねへ!