理事長 北村 忠征

【はじめに】

「明るい豊かな社会」の実現を目指し、彦根青年会議所は67年間歩みを止めることなく、活動して参りました。

昨年は世界中に猛威を振るった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、世界各国の様々な分野、経済などへの損害状況は計り知れません。その様な状況下の中だからこそ、地域を守るべく彦根青年会議所は歩みを進める必要があります。今、何が必要とされているのか、何を求められているのかを追求し前に進み地域のリーダーとして地域を守り、まちを盛り上げるべく事業を再構築する必要があります。私が青年会議所活動を積極的に取り組むようになったきっかけは、委員長をされている先輩の立ち居振る舞いや頼もしい姿に影響され、自身もどのような立場や場面においても活躍できる人間になりたいと想い、積極果敢にチャレンジするようになりました。2021年度は理事長という立場のもと彦根青年会議所の一員として活動をする中でメンバー一人ひとりが個々の成長に繋がるよう背中を後押しすることはもとより、メンバーが一丸となり笑顔に満ち溢れ、より良いまちへと変革するための運動を展開して参ります。このような状況下、時代であっても彦根青年会議所メンバーが情熱溢れる魂で起こす活動を持って、このまちに明るい豊かな社会をもたらすことにより、夢や希望が持てるひこねのために全力で運動を展開することをここに誓います。

【時代に即した円滑な組織運営の構築】

日本のみならず世界中で社会のルールがテクノロジーやグローバル化によって再構築されているほど、時代の変化は非常に早く、どのように生き抜いていくのか、先読みが困難な時代であると言えるでしょう。そういった状況下においても彦根青年会議所は時代の流れや状況を把握し、対応する必要があります。また、時代にそぐわないものは廃止し、必要であるものは取り入れる柔軟性が必要であります。そのような中でも、先輩諸兄より受け継がれてきた正しい組織運営を行うことで規律と秩序を保たなければなりません。我々が「明るい豊かな社会の実現」を推し進めるには、地域から信頼され必要とされる組織として規律を保ち、秩序ある運営が求められます。メンバー一人ひとりが活動を通して組織の在り方について考え、より堅実な組織として成長していくことが組織力を更に高めることへと繋がります。組織力が向上することで運動の拡がりはこれまで以上の成果を果たし、まちの発展に繋ぐことが我々の運動がまちに影響をもたらす結果となり、組織として更に進化することでしょう。また、地域の全ての方々に、私たちの活動に理解をいただいているわけではありません。だからこそあらゆる手段を駆使するなかで情報発信し、地域の多くの方々に私たちの想いを伝播することで我々が行う運動に、より一層効果が得られると考えます。青年世代だからこそできる手法を取り入れ青年らしい情報の受発信を行い、魅力溢れる想いを伝えることにより、これまで以上に地域から信頼と付託をいただけるように努めます。地域や幅広い世代の方々から共感いただき、活発で暖かみのある組織づくりを目指しましょう。

【仲間との絆を確立し会員拡大へと繋がる組織改革】

2013年に私は彦根青年会議所に入会させていただきました。入会時は在籍メンバー数80名を超える活氣ある組織でありました。しかしながらここ数年で会員数は減少し40名前後のメンバーで活動を展開しています。当時在籍しておられた先輩諸兄は高い志のもと積極果敢にチャレンジされ、メンバー一人ひとりが自身の成長への強い意識があり、組織に勢いと迫力を感じました。どの団体においても在籍や入会をするだけで成長が約束される団体は決してありませんし、どのような未来を切り拓くかは自分次第です。青年会議所での活動に積極的に参画することで個々の成長は無限大です。20歳から40歳までの活力ある世代で構成された我々メンバーは、あらゆる場面においても先頭に立ち、社業や地域経済の発展に寄与し、社会の中心的存在として活躍する存在でなければなりません。高い志と向上心を持った私たちが行うまちづくりだからこそ、明るい豊かな社会の創造へと繋がることを確信しています。

青年会議所は「奉仕・修練・友情」の三信条のもと活動をしています。三信条にある友情は青年会議所活動を行う上で非常に重要な信条です。現在40名前後のメンバーで活動を行っていますが、私は決して他より劣るとは思いません。しかしながらメンバー数が減少しているのは事実です。また、本来であれば在籍している年齢であるにも関わらず退会されているメンバーがいることは非常に残念です。今こそ足元をしっかりと見つめ直し在籍メンバーを大切にする組織改革を行う時ではないでしょうか。「数はチカラ」と言う言葉がありますが、メンバーの意識がバラバラでは全く意味がありません、何の魅力も感じられません。多くのメンバーを迎え入れる為にもまずは在籍するメンバー同士の繋がりを強固なものとし、在籍メンバーはもちろんのこと、入会対象者や地域からも愛され、必要とされる組織づくりを行う必要があります。また、メンバーが青年会議所活動の垣根を超えた真実の交流を図り、強固な絆で結ばれたチームワークづくりを行います。このチームワークづくりが、数年後の会員拡大活動へ大きく繋がると私は確信しています。この様な組織の状態だからこそ自信を持って会員拡大活動ができ、そうすれば自然と同志も増え、強固なチーム力で活動の質も更に高くなるという好循環が生まれるはずです。目先の数に捉われず、並大抵なことでは決して崩れない強固な絆で結ばれたチーム力で確立された組織へと改革していきましょう。

【未来に夢や希望を抱ける地域活性活動】

人の温かさに満ち溢れた県民性をもつ湖国滋賀には、歴史や文化と共に、互いに支え合い人と人との繋がりを大切にしている姿がありましたが、他者を想いやる気持ちや互いを敬う精神が希薄になり利己的な風潮が広がっている現状があると考えます。まちづくりを行うにあたり必要不可欠なことは、私たちメンバーはもちろんのこと、ひこねに住まう人々が他者を想いやる気持ちや互いを敬う利他の心を持つことこそがこのまちを愛し、愛郷心を備える事であると私は考えます。ひこねには地域を支えてきた地場産業や技術、自然環境や歴史、文化など様々な魅力が溢れています。そして、ひこねには未だ埋もれている地域資源が存在すると私は思います。このような豊富な地域資源を活用し触れ合う中で「固定概念に捉われず純粋にまちづくりを地域とともに楽しむ」ことが最も重要です。まずは、全ての人々の心に脈々と受け継がれている他者を想いやる心を呼び覚まし育んでいただくために、このまちにある豊富な地域資源の魅力に触れていただき、興味や感動、さらには感謝を抱く機会を設けましょう。その中で子どもたち一人ひとりの心を通わすことで、大人や親が押し付けること無くお互いの気持ちや立場を理解し、他者を想いやる気持ちが育めるとともに、地域の子どもたちが心豊かな人財へと学び成長できると考えます。また、我々が目指すべき道を未来への架け橋とするために、子どもたちが感謝する心や、互いを敬う心を表現することで、異なる感性に大人が気づき自らの意識を変えることにより、ひこねに住まう人々が心豊かで愛郷心溢れ、未来に夢や希望を抱けるまちへ変貌を遂げると私は確信しています。このまちの次代を担う可能性を秘めた子どもたちが未来に夢や希望を抱けるために、まちづくりに取り組むことがまちの発展に寄与できる第一歩なのです。彦根青年会議所がまちづくりを通してひこねの更なる魅力を創造し、まちの発展に欠かすことのできない活力となるために、メンバーが一丸となり未来に夢や希望を抱ける地域活性活動を展開していきます。

【近畿地区大会彦根大会に際して】

彦根青年会議所は1983年以来、38年という時を越え3度目となる近畿地区大会彦根大会を主管いたします。

私たちが暮らすひこねには歴史・文化・自然・地場産業といった観光資源が豊富に点在しています。また、ひこねの中心地には国宝・彦根城が君臨し風情溢れる城下町であります。2017年には国宝・彦根城築城410年祭が開催されました。国宝・彦根城を世界遺産にするべくまちを挙げて働きかけを行う中、近畿地区大会彦根大会を開催することは近畿地区圏内の多くのメンバーに地域の魅力や地域資源に存分に触れていただける絶好の機会であります。ひこねの魅了をひこねだけに留めておくのではなく、近畿地区圏内のメンバーや幅広い世代の人々に歴史、文化を始めとした誇りある魅力に存分に触れていただき伝播することが、ひこねの価値が昇華しヒカリ輝くひこねの未来を切り拓くのです。

また近畿地区大会彦根大会を契機に、私たち彦根青年会議所と近畿地区協議会や近畿地区圏内各地の多くのメンバーとの繋がりが深まるとともに、彦根大会を共に創り上げることで多くの学びや、人と人とを繋ぐ大きな輪が広がり今後の活動に繋がるかけがえのない財産となります。彦根青年会議所として、ひこねから世界に誇れる地域資源を発信する価値のある大会を目指し、近畿地区圏内のメンバーとの繋がりから生まれる相乗効果を活かした大会の構築に臨みます。

【結びに】

青年会議所は人生最後の学び舎です。日々の生活や仕事をこなす中では決して得られないものが青年会議所には

あります。青年会議所に所属する以上、40歳までと限られた時間の中で家庭や社業、またこのまちをより良いものにできる大きな器をもった人間へと成長する義務があると私は思います。時には失敗し恥をかいたり、投げ出したりくじけそうになることもあるかと思います。それでも信念を抱き失敗を恐れることなく、何事にも積極果敢に挑戦することは必ず報われると私は信じています。青年会議所で出会った掛け替えのない仲間と共に行う運動が、全てにおいて大きな影響を与えられると信じ、邁進して行きましょう。

高い志を掲げ共に創り出す未来が、夢・希望溢れるひこねへと躍進することをここに誓います!

【事業方針】

1. 時代に即した円滑な組織運営の構築

1. 仲間との絆を確立し会員拡大へと繋がる組織改革

1. 未来に夢や希望を抱ける地域活性活動

1. 近畿地区大会彦根大会に際して

【事業計画】

1. 1月度(新年交流)例会

内 容:2021年度の運動指針を共有し、行政や諸団体との交流を図る例会

時 期:1月

対 象:メンバー及び諸団体

1. 理事会

内 容:理事会の運営

時 期:1月~12月

対 象:メンバー

1. 11月度(家族)例会

内 容:家族への感謝を表し、青年会議所活動への理解と協力を得る例会

時 期:11月

対 象:メンバー及び家族

1. 事業報告及び会計報告書作成

内 容:事業報告及び会計報告書の作成

時 期:12月

対 象:メンバー